GROWモデル(人を成長させ、育むためのステップ)

  1. Goal(目標設定)
    企業が抱く問題点(理想とする姿と現状とのギャップ)について伺い、企業が目指すGoal(目標)を設定します
  2. Reality(現実把握)
    現在はどういう状況であるのか、また今後取り組むべき課題はなにか、具体的な現状把握を行い、真の問題点(改善点)を明確にします
  3. Options(選択肢の想像)
    研修の具体的なカリキュラム、研修方法、日程などをご提案し、よりよい研修効果を導き出します
  4. Will(意思確認)
    コーチングにより受講者自ら目標を設定し、明確な行動へのコミットメントを促し、確実な成果へと導きます