先日梅雨入りしたかと思っていましたが、もう明けましたね。
今年は例年より2週間も早い梅雨明けだったようで、その分夏が長いと思うと今からワクワクします!(夏好きなので)
 

しかし6月の大雨では、河川の氾濫や土砂崩れなど各地で大きな被害が出ているニュースを見て、何もできない自分に無力さを感じてしまいました。
私も10年以上前に実家の床下浸水を経験し、当時小学生だった私は両親が必死で水のかき出しをしているのを見ていて、元の状態に戻るのに数日かかり大変だった思い出があります。今回の被害はそれよりももっと大変な状態だろうと思うと本当に心が痛みます。
 
 
災害に遭われた方や、身内の方が被害に遭われた方もいらっしゃると思います。
お見舞い申し上げるとともに、1日でも早い復興を祈念いたします。
自然災害は、いつどこで起こるか分からないし、誰のせいで起こるわけでもないので恐ろしさを感じてしまいます。でも、常にそれに怯えて生きていても、人生はつまらなくなってしまう気がします。
だからこそ、備えあれば憂いなしで、普段から何ごとも備えておくことが大切だと思いました。
 
 
今回のことを機に、改めて避難場所の確認や、災害用品の準備など家族で話し合い、避難用鞄も用意しました。
これは、仕事においても同じことが言えるような気がします。
私は元々事務経験がほとんどなくパソコン操作も、エクセルやワードはあまり使ったことがなくて入社したばかりのころは少し不安でした。(前職ではイラストレーターやフォトショップがメインでしたので)仕事の中で少しずつ覚えていけばいいと言われたものの、やはり備えあればと思い、独学で勉強し資格取得をしました。そのおかげで仕事の覚えも早くなったように思います。
 
 
何ごとも、不安なことは事前に備えておくことは大事だと思うので、今後も備えとしてたくさんのスキルアップもしていきたいと思っています。