このページの本文へ

仕事の意味、人生の目的を問い直す教育を通して、考え、そして行動する「自立型人材」の育成

このページの位置
Home > Staff Blog > 2012年11月

Staff Blog

2012年11月のブログ記事

なぎらです。

本日11月1日は、かねてから予定していました「社内遠足」の日でした。
しかし、数日前からお天気が怪しく、今日は朝から突風と雨・・・

当社には自称「晴れ女」の江角がいます。
彼女曰く、私の行くところはスポットで天気になる!と言い切ります。
その言葉を信じ、雲行きの怪しい中、昼から車で「鰐淵寺」に出かけました。

その遠足風景をご紹介します~♪

なぎらです。

今日は、長年活動をしている「子育て支援ハピネス」について紹介します!
http://happiness-izumo.net/index.htm

育児サークルや交流会で知り合ったママたちが
「たくさんの情報誌はあるけど、地元(出雲)の情報誌はないよね・・・」
「地元の事、もっと知りたいよね・・・」
「自分たちの知りたいことを、自分たちで発信できたらいいよね・・・」
と話していたのをきっかけに、地元での生活・育児に役立つ情報を発信しよう!
との想いから、2001年から助成金、ご寄付、店舗広告のご協力を得て、
「ママの生活応援情報誌 happiness」として無料刊行しています。

happiness(ハピネス)とは、「幸福・満足・愉快」と言う意味でがあり、
みんながハピネスな育児ができますようにと願いをこめて付けました。

スタッフのえすみです。
ブログのネタに困っている毎日です(^^ゞ
なかなか思いつかず、趣味のハナシです。

以前のブログでも書いたのですが、家族でキャンプに行くのもひとつ。
また父の影響もあってか、写真を撮るもの趣味のひとつです。
(父はその昔コンテストに出品したり玄人はだし?のカメラ好きなのです)

しかし、写真を撮るのは好きなのですが、
ISOがどうのとか
ホワイトバランスがどうとか
シャッタースピードがどうのとか
絞りがどうとか
そんなことは全く分かりません…(^^ゞ
(父に聞いても専門用語の連発でさっぱりです)

そんななんちゃってカメラ好きですが
持っていたデジタル一眼の調子が悪く
どうしたものかと思っている時
身近な方が新しいデジタル一眼を購入され
それに触発され…
運よく、運命の新しいデジタル一眼と出会いました。

 

 

なぎらです。

最近、販売・接客・営業スタッフ向けの研修として、
接遇研修と共にご要望が多い、DiSC研修について紹介いたします。

まず、D-i-S-Cとは・・・
人には「動機」「欲求」の違いがあります。
「動機」「欲求」の違いを、

D(主導傾向)
i(感化傾向)
S(安定傾向)
C(慎重傾向)

以上の4つの要素の強弱バランスで整理した、行動心理学上の理論です。
※ウィリアム・ムートン・マーストン博士)

なぎらです。

私は月刊致知を購読しています。
この雑誌は「人間学を学ぶ月刊誌」であり、毎月たくさんの学びをいただいています。
http://www.chichi.co.jp/outline.html

今日は、その中の助産師 内田美智子さんの記事を読んで感じたことを記します。
記事の中では、母性について語られています。
・母性は育てるもの
・子育ては親の犠牲によって成り立つ
・子どもを授かるという奇跡
など、とても興味深く読み、自分自身のことも振り返りました。

私は、最初の子どもは大変な難産でした。
お産に24時間以上かかり、産まれた子どもは仮死状態・・・
産まれてすぐには「おぎゃー」という泣き声がせず、
数分後に元気な声が聞こえ、対面できた時は感動で涙がポロポロと流れました。

育児は想像以上に大変でした。
特に、中学に入り息子の学習障害(LD)への対応など、本当に試行錯誤、悪戦苦闘の連続でした。
 しかし、その中で私自身が成長し、子どもを通じて「育自」ができたと気づきました。

【母性こそ人を幸せにし、国を豊かにする】より以下抜粋します。

しょうじです。

めっきり寒くなって、山の紅葉も見頃になってきましたね。
会社の玄関にも落ち葉が沢山落ちてきて、毎日山のようになっています。
「これでたき火に焼き芋でもしたら最高だな~」
なんて思いながら毎日掃除しています。

なぎらです。

先日、講演をしたときの出来事です。
その日のテーマは「温かさと思いやりが伝わる人間関係を築くには」でした。

夫婦、親子、職場の人間関係・・・
私たちにとって、身近な大切な人との良好な人間関係は、
「幸せ」であるための条件ではないでしょうか?
しかし、現実はその人間関係に悩み、苦しみ人生を苦痛に感じてしまう、
そんな方々が大変多くいらっしゃいます。

アメリカの経済哲学者のブライアン・トレーシー氏は
「あなたの感情の95%は、あなたが起きた出来事を
自分自身でどう解釈するかにかかっている」と述べています。

そして、「すべての出来事の中で、
肯定的な事(プラス面)を見つけることを遊び感覚でやりなさい」と、勧めます。

スタッフのしょうじです。

11月も1週間を切りました。

12月に入ると嫌でも1年を振り返りたくなります。
過ぎてしまうととても速かったように感じます('∀`)
今年は沢山の出会いがあり変化もあり、とても新鮮な一年でした。
残りの1か月、1日々を大切にして1年を締めくくりたいです。

このページのトップへ△